PHOTOニュース

たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)


エプロン掛けの親子が参加したおさかな料理教室=4日、中央地区コミセン (2022/08/06)

>>過去記事一覧
「イボ山」で市の花・ヤマユリ咲き始める

 市内小島の「イボ山」と呼ばれる高台で今年も、市の花・ヤマユリが咲き始めた。長雨の影響か、地域の人たちが植えたアジサイもまだ元気に花を咲かせ、両方の花が楽しめる。ヤマユリの見ごろは8月中旬まで。

 ここは林道入小島線を入った所にある集落の共有地で、標高約160メートル。日本海に浮かぶ佐渡、米山と市街地、遠くは妙高山や苗場山が見渡せる。かつてはスイカやジャガイモの畑が広がっていた。

 展望の地に再び多くの人が集まるようになれば――と、1990年に地域の有志が林道脇に約160本のヤエザクラ、ソメイヨシノを植樹。見晴らしのいい斜面にはアジサイの苗を植え、ベンチや遊歩道、手すりなどを整備した。近年、山に人の手が入ったためか市の花・ヤマユリが咲き始め、毎年、その数が増えている。例年、アジサイの見ごろは7月初めから中旬。アジサイが終わり、7月末になるとヤマユリが咲く。

(2006/ 7/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。