PHOTOニュース

市展の開幕を前に、各部門で慎重に行われた作品審査=26日午前、ソフィ アセンター (2022/09/27)


3回延期を経て開催された「新成人フェスティバル2021」。マスクの 下には喜びの笑顔であふれた=25日午後、アルフォーレ大ホール (2022/09/26)


市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)

>>過去記事一覧
柏崎市の実質公債費比率は19.9%

 県は29日、県内市町村の実質公債費比率(2003−05年度の平均値・速報値)を公表した。柏崎市は19.9%で、地方債の発行に県の許可が必要な18%以上となった。市では9月下旬までに公債費負担適正化計画を策定する。

 本年度から地方債は国・都道府県の許可なしに発行できる協議制に移行した。しかし、これに伴い新指標として導入された実質公債費比率が18%以上の場合は許可が必要。この比率は税収や交付税など標準的な収入に対する地方債元利償還金などの割合を示しており、公営企業への繰出金なども含む。従来の起債制限比率に代わって、指標の中心となる見込みだ。

 県内35市町村のうち、18%以上は9市町村。最高は南魚沼市の23.5%だった。柏崎市の19.9%は5番目。

(2006/ 8/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。