PHOTOニュース

市展の開幕を前に、各部門で慎重に行われた作品審査=26日午前、ソフィ アセンター (2022/09/27)


3回延期を経て開催された「新成人フェスティバル2021」。マスクの 下には喜びの笑顔であふれた=25日午後、アルフォーレ大ホール (2022/09/26)


市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)

>>過去記事一覧
こども自然王国が「農村体験」充実へ

 農村体験などで首都圏からの誘客をさらに進めたいと、市内高柳町の県立こども自然王国でこの夏、「はじめての田舎体験」という4泊5日の実験プログラムが実施され、参加した子供たちに好評だった。

 実験プログラムは、こども自然王国開館当初から遊び方のソフト開発を担当し、職員を派遣している生態計画研究所(小河原孝生所長、東京・東村山市)の企画。旧高柳町のふるさと開発協議会の話し合いでは、農村体験・グリーンツーリズムによる都市との交流、地域の活性化が描かれており、1995年開館のこども自然王国でもこの方向で体験プログラムが作られてきた。しかし、県立施設ということで県内や地元からの利用者が多く、農村体験より自然観察や工作にプログラムが変わり、現在、農村体験は森村学園初等部(横浜市)の林間学校など一部にとどまっている。

 こども自然王国と生態計画研究所では今後も県内・地元利用を主体にするものの、首都圏からの団体誘致にも力を入れていきたい考えで、今回の「はじめての田舎体験」は開館当時の原点に返っての実験事業だ。

(2006/ 8/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。