PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
旧鵜川スキー場で柏刈植樹祭

 柏崎刈羽地域植樹祭が21日、市内女谷、旧鵜川市民スキー場で行われた。にいがた緑の百年物語緑化推進委員会・柏崎刈羽地域緑化推進会議(高杉志朗会長)などの主催で、今年で5回目。ブナ、クヌギ、ヤマザクラの苗木400本を植えた。

 植樹祭は、昨年まで北条地区の一般廃棄物最終処分場の緑化を進め、今年から「『綾子舞の森』創生」をテーマに会場を変更。会田市長、品田刈羽村長はじめ約150人が参加した。

 綾子舞会館前で行われた開会式で、市長は「立派な森を育て、地域、国土の環境を守ろう」と強調。鵜川地区振興協議会長の大野益博さんは「綾子舞が国の重要無形民俗文化財に指定されて30年。記念の年の植林が大きな森になることを期待したい」。参加者を代表して比角小6年・金田史織さんが「動物たちや植物たちが、もっともっとたくさん暮らせるように、木を植え、種をまき、緑豊かな森を22世紀に残します」と宣言した。

(2006/10/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。