PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
中越地震から2年、市は復興本部を継続

 市は24日、中越地震復興本部会議(本部長・会田市長)を開いた。中越地震から丸2年が経過する中で、仮設住宅からすべての被災者が移転するまで同本部を継続することや携帯電話不感地域の解消に取り組むことなどを確認した。市長は同日夕方、仮設住宅の入居者を訪問する。

 重点プロジェクトでは、市総合計画にも盛り込みながら、避難施設となるコミュニティセンターや小中学校の耐震化に努める。24日から携帯電話のナンバーポータビリティ制度がスタートし、携帯電話会社が通話エリアの拡大に柔軟・積極的な取り組みを進める可能性が高いことから、市でもこのチャンスを生かして不感地域の解消を目指すこととし、自治体側の一部負担にも予算措置をする方針を確認。コミュニティFM放送のエリア拡大、災害の多い国道352号観音岬付近の抜本的解消なども引き続き運動していくとした。

(2006/10/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。