PHOTOニュース

五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)


かれんな花と爽やかな緑で楽しませた「山野草展」=21日、中央地区コミセン (2022/05/23)

>>過去記事一覧
子ども育成基金の活用をめぐり夢ぷらん推進協が会合

 市は、かしわざきこども夢ぷらん推進協議会(会長=植木信一・県立女子短大助教授、委員17人)の今年度第2回会合を27日、市役所分館で開いた。事務局が「かしわざき子ども育成基金」の活用策をめぐり、仮称・かしわざきこども大学計画などを示し、委員側の意見を求めた。委員側は同計画をたたき台とし、さらに内容を深めるため、検討委員会の設置などを提案した。

 同基金は21世紀を担う人材育成、子育て支援の推進を図る一環として、2000年度に設立。当初、市の毎年度2000万円の一般会計からの繰り入れと、市民からの寄付金で、10年間で5億円の積み立てを目標にしてきた。しかし、長引く不況で寄付金も毎年減少傾向となり、目標額の達成は厳しい状況となった。05年度で打ち切るまで約1億2800万円の積み立てを行い、これまでにも活用策を検討してきた。

 仮称・かしわざきこども大学計画は子育て中の市職員、同協議会の一部委員による検討委員会から出された。

(2006/10/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。