PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
中高一貫の柏崎翔洋で入試

 県立中高一貫校の入学試験(入学者選考検査)が20日、県内6校で一斉に行われた。このうち、5年目になる市内北園町、柏崎翔洋中等教育学校では百26人の小学生が受験に臨んだ。

 柏崎翔洋は定員80人(2学級)に対し、今月10日の締め切りまでに男子45人、女子81人が志願した。受験当日の辞退者はなく、倍率は1・57倍と、前年を0・08ポイント下回った。

 20日は晴天に恵まれる中で、受験生たちは仲間、保護者らと会場に入った。少し緊張気味の表情で受け付けを済ませ、試験会場の8つの教室に分かれた。最初に受験上の注意を受けた後、午前9時20分から作文、オリエンテーション、テーマに沿って討議を行うグループ活動。昼食をはさんで、午後から面接が行われた。

(2007/ 1/20)