PHOTOニュース

一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)


花角知事と面会し、三つの検証の見直しなどを求めた桜井市長(右)=14日午後、県庁 (2018/06/15)

>>過去記事一覧
市内で今年度、13農事組合法人設立

 新年度から新しい農業政策・品目横断的経営安定対策が始まるのを前に、市内では2006年度中に13の農事組合法人が新たに設立される。今後、設立の登記、耕作権利の手続き、経営の学習などを進め、春からそれぞれの集落で稲作などを進めていく。

 品目横断的経営安定対策では、4ヘクタール以上の認定農業者(個人または法人)、20ヘクタール以上の集落営農組織を担い手と位置づける。国は担い手に、外国との生産条件格差から生じる不利を補正するための補てん(生産条件不利補正対策)、収入の減少の影響を緩和するための補てん(収入減少影響緩和対策)などの支援を行う。しかし、中山間地が多く、集落単位の耕地面積が比較的小さい柏崎では、20クタールをまとめていくのは難しいことから、担い手・認定農業者となれる集落営農型の農業法人は新しい制度の中で地域農業を支えていく有効な手法として注目される。

(2007/ 1/22)