PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
青少年健全育成「ノーメディア」必要性確認

 「子どもとメディア」をテーマにした青少年健全育成大集会(市青少年健全育成市民会議、市小中学校PTA連合会、柏崎地区高等学校PTA連合会、柏崎刈羽地区保護司会主催)が21日、市民プラザで開かれ、約260人が「ノーメディア」運動の必要性を確認し合った。席上、青少年の健全育成を目指し、集会宣言を決議した。

 集会は、メディアの機器とシステムが急速に発達・普及し、わが国も本格的なネット社会に突入する中で、心身の発達過程にある子どもへの影響が懸念されることから、メディアとの関係をいかにしてつくるかなどを考える機会とした。

 冒頭、山崎高美・実行委員長は「子どもたちを健全な大人に育てるのは、私たち大人の責任。集会を機に、ノーメディア運動が市内の乳幼児を含む児童生徒に広がってほしい」とし、来賓の小林・市教育長らも「『ノーテレビ・ノーゲーム』運動は時宜にかなった、背中に火がついたという意識で取り組むべきこと」と述べた。

(2007/ 1/22)