PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
06年の市内ベビー誕生は708人

 市の住民基本台帳によると、2006年1年間の出生数は708人で、前年に比べて57人多く、2年ぶりに700人台に戻った。ただ、これまでの推移では、10年間に100人以上も少なくなっており、少子化対策が依然として大きな課題だ。

 昨年の出生男女別は男子377人、女子331人で、男子が46人多かった。前年に比べて、男子が53人、女子が4人それぞれ増えた。月別で多かったのは6月が67人、1月と2月が66人、8月が64人、5月が63人など。最も少なかったのは4月の47人だった。

 一方、市の人口動態のうち、05年の自然増減をみると、死亡が1001人だったことから、293人の減ということになる。

(2007/ 1/23)