PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
柏崎青年会議所が4月から50周年記念事業

 柏崎青年会議所(JC、矢島博生理事長・会員83人)は今年創立50周年を迎えたことから、3つの記念事業からなる実施計画「ECO・ACTION2007」をまとめ、記念事業実行委員会(関矢要委員長)を中心にこのほどPR活動に入った。

 記念事業は「海が大好き!柏崎が大好き!」が共通テーマ。まず市内15のすべての海水浴場のごみ拾いを行う「柏崎ビーチクリーンデー」を4月29日に開催。家族で楽しめる企画にして市民2000人を目標に集めたいとしている。

 続いて5月19日、「かしわざき風の陣」と同時開催で市内みなとまち海浜公園の砂浜で「サンドクラフトフェスティバル」を開く。砂を使って像を作る催しで、市民参加型のイベント。漂流物アート展も併催。

 また、8月4日には市民会館で「海の講演会」(仮称)。講師は未定だが、この講演を通して海の大切さを訴えたいという。同日に記念式典も行う。

(2007/ 1/24)