PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
商議所調査で小売業の景況が大幅好転

 柏崎商工会議所が会員事業所を対象に行った昨年12月の柏崎地域早期景気観測調査によると、全産業合計の業況DI(「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた指数)は、前月よりマイナス幅が5・4ポイント縮小し、マイナス24・8となった。小売業がマイナス50・0から一気にゼロまで回復したことが全体を押し上げたが、他の業種では依然として苦戦が続いている。

 小売業の50・0ポイント上昇は過去五年間では最大のマイナス幅縮小。ただ、小売業は調査対象数が少なく異常値が出やすいため、全体の状況は数字ほどの好調ではないと商議所では見ている。雪がなく足回りが良かったことなど例年にない要因があったことは挙げている。

(2007/ 1/30)