PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
ミニ新幹線の同盟会が信越線利便性も目的に

 上越新幹線直行特急早期実現期成同盟会(会長・泉田知事)の2006年度総会が30日、新潟市内で行われた。規約の改正で、JR信越本線長岡―上越間の利便性の維持・向上を目的に加えることを承認。これを盛り込んだ事業計画も決めた。

 同盟会副会長を務める会田市長が、従来進めてきた長岡―上越間の新幹線直行特急(ミニ新幹線)構想の見直しを主張し、「当面は信越本線の利便性維持・向上に取り組むべき」との意向を示したことを踏まえ、会の事務局を務める市が県や関係自治体などの理解を得て規約の改正を提案した。06年度の事業計画では、日本海縦貫高速鉄道の実現に向けた活動で「信越本線の利便性の維持・向上は喫緊の問題として認識される」とし、県の基礎調査の継続と関係者の連携を強調した。

(2007/ 1/31)