PHOTOニュース

全国高校野球選手権新潟大会準決勝の産附―中越。産附は7回に相手の失 策で千野(右)が生還して6―5と逆転する=23日、エコスタ (2024/07/24)


北信越高校体育大会水球競技の産附・柏高・翔洋・長岡と富山北部・富山 第一戦。産柏翔長は試合残り3秒に佐藤の得点で7―6と勝ち越す=柏崎 アクアパーク (2024/07/23)


高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)

>>過去記事一覧
ミニ新幹線の同盟会が信越線利便性も目的に

 上越新幹線直行特急早期実現期成同盟会(会長・泉田知事)の2006年度総会が30日、新潟市内で行われた。規約の改正で、JR信越本線長岡―上越間の利便性の維持・向上を目的に加えることを承認。これを盛り込んだ事業計画も決めた。

 同盟会副会長を務める会田市長が、従来進めてきた長岡―上越間の新幹線直行特急(ミニ新幹線)構想の見直しを主張し、「当面は信越本線の利便性維持・向上に取り組むべき」との意向を示したことを踏まえ、会の事務局を務める市が県や関係自治体などの理解を得て規約の改正を提案した。06年度の事業計画では、日本海縦貫高速鉄道の実現に向けた活動で「信越本線の利便性の維持・向上は喫緊の問題として認識される」とし、県の基礎調査の継続と関係者の連携を強調した。

(2007/ 1/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。