PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市民文化誌「風のいろ」第2号発刊

 市内の文化活動を収録した市民文化誌「風のいろ」第2号がこのほど発刊された。発行・編集は市民文化誌刊行委員会(相沢陽一委員長、事務局・市文化振興課)。創刊号以来、約3年ぶり。市内出身の北原保雄・前筑波大学長、会田市長らによる座談会をまとめた特集「柏崎の文化を語る」をはじめ、美術、文芸作品、文化団体の活動の様子などを網羅し、一段と充実させた。

 「風のいろ」は市民に柏崎の芸術、文化(活動)の情報を知ってもらうとともに、文化活動に携わっている者同士の心の懸け橋を目指した。これにより、芸術・文化に対する関心、理解を一層深め、文化都市柏崎の実現に貢献したいとした。モデルとすべき「文化誌」のない中で、暗中模索でスタートし、2004年春に創刊号を刊行した。

 第2号は、創刊号と同様に、民間主導による活動とし、行政がサポート役になり、編集作業を進めた。座談会は「町づくり、人づくりは『文化』から」を副題に、私塾「三余堂」、縮行商など柏崎の歴史的背景や文人、工業の発展と文化のかかわり、伝統文化などを語り、柏崎の文化への提言で特集の八ページを締めくくった。

(2007/ 5/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。