PHOTOニュース

江戸時代からの家族の歴史、農業の変遷を著書にまとめた今井長栄さん=市内岩上 (2018/06/21)


日本の勝利が決まり、肩を組んで喜ぶサポーターたち=19日夜、東本町1 (2018/06/20)


満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)

>>過去記事一覧
南鯖石で「おいな汁」用のサトイモ作付け

 市内南鯖石地区の郷土料理「おいな汁」に欠かせないのが「土垂(どだれ)」という品種のサトイモ。農事組合法人・山室生産組合(行田皓勇代表・組合員19人)が9日、地元の元牧草地の畑に土垂の種イモを植え、秋の収穫に期待を込めた。

 同地区は昔からサトイモの名産地として知られ、特に、ぬめり・粘りの強い土垂は各家で自家用に栽培している。この土垂に肉、コンニャク、ゴボウやニンジンなど季節の野菜をたっぷり入れたしょうゆ味の汁は郷土の伝統的な料理として親しまれ、昨年、同地区に伝わる市民俗無形文化財の盆踊り歌「おいな」にちなんで「おいな汁」と名づけられた。地産地消で学校給食やコミュニティまつりなどにも登場。東京・世田谷のボロ市でも振る舞われ、人気を集めた。

(2007/ 5/11)