PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
柏崎神社の歴史を一冊に

 柏崎神社奉賛会(黒崎幸二会長)がこのほど、拝殿屋根を2005年に大改修した記念誌「心の故郷鎮守の杜(もり)・柏崎神社」を発刊した。記念誌編集委員会(中村健一委員長)が北村甫志郎宮司の協力でまとめ上げたもので、A5判32ページ。御祭神、神社由緒、歴代宮司、施設・設備、春秋の祭りなどの各章で構成した。

 柏崎神社は793(延暦12)年7月、坂上田村麻呂が三島郡司・高志連(こしのむらじ)に命じ、三島郡比角村に大穴貴命(おおなむちのみこと)を祭神として創立されたと伝えられている。1830(天保元)年に現在地近くに移転。1872年、近在の5つの神社の合祀(し)を経て、1964年、都市計画道路の境内貫通のため社殿を西側に移転して現在に至っている。

 拝殿屋根は、170年以上を経て老朽化が進んでいたことから大改修に踏み切ったもので、記念誌の発行はこの記念事業の一環として実現した。

(2007/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。