PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
綾子舞伝承学習が今年もスタート

 国指定の重要無形民俗文化財・綾子舞の伝承学習発会式が15日、南中(佐藤正人校長)で行われた。同校での伝承学習は今年で17年目。参加の児童生徒、指導者らは伝承500年の歴史をかみしめ、早速、練習に入った。

 綾子舞の伝承学習は1976年、重文指定をきっかけに伝承の危機に歯止めをかけようと、旧鵜川小で開始された。続いて旧鵜川中でも始まったものの、両校がそれぞれ統合したため、91年からは南中校区内の小・中校の児童生徒に伝承活動が引き継がれた。今年度は新道小、野田小、南中の小学3年から中学3年まで、男子9人を含め49人が参加した。

 発会式で佐藤校長は「小・中学生が協力し、発表会を目当てに一生懸命に頑張ってほしい」と励まし、猪俣市文化振興課長は「綾子舞は長い間、いろいろな人の手によって守られてきた。長い歴史の一部を担い、練習を通して楽しさ、魅力を十分味わってほしい」と呼び掛けた。

(2007/ 5/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。