PHOTOニュース

満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)


一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)

>>過去記事一覧
蓮池さん夫妻が子供帰国3年でコメント

 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(49)、祐木子さん(51)夫妻は21日、子供たちの帰国から22日で丸3年を迎えるに当たり、「残された(拉致)被害者の無事な帰国のために、私どものすべきことをこれからもやらせていただく決意」というコメントを市を通じ発表した。

 長女重代さん(25)は上教大大学院生、長男克也さん(22)は早稲田大理工学部に在学。薫さんはコメントで子供たちの帰国について国民、政府など関係者の支援に感謝を表明。「子供たちは日本の言語や生活に慣れ、日本で自立していける能力をはぐくむために、勉学に励んでいる。日本の良さを感じ、学ぶ意欲に燃えている。それなりに日本に慣れ、希望を持って将来に向かっている姿を見るにつけ、まだ帰国を果たしていない拉致被害者とその家族のことに思いをはせずにはいられない」とした。

 その上で、「現在、核問題が動きそうな中、拉致問題だけが取り残されるのではないかという憂慮の声も出ている」と指摘し、「被害者の帰国、拉致問題の全面解決を実現するには、政府の粘り強い努力と知恵、それを後押しする国民の関心と支持が必要だ。どうか拉致問題が風化しないよう、解決の日まで声援し続けていただくよう国民の皆さまにお願い申し上げたい」と問題解決への支援などを求めた。

(2007/ 5/21)