PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
蓮池さん夫妻が子供帰国3年でコメント

 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(49)、祐木子さん(51)夫妻は21日、子供たちの帰国から22日で丸3年を迎えるに当たり、「残された(拉致)被害者の無事な帰国のために、私どものすべきことをこれからもやらせていただく決意」というコメントを市を通じ発表した。

 長女重代さん(25)は上教大大学院生、長男克也さん(22)は早稲田大理工学部に在学。薫さんはコメントで子供たちの帰国について国民、政府など関係者の支援に感謝を表明。「子供たちは日本の言語や生活に慣れ、日本で自立していける能力をはぐくむために、勉学に励んでいる。日本の良さを感じ、学ぶ意欲に燃えている。それなりに日本に慣れ、希望を持って将来に向かっている姿を見るにつけ、まだ帰国を果たしていない拉致被害者とその家族のことに思いをはせずにはいられない」とした。

 その上で、「現在、核問題が動きそうな中、拉致問題だけが取り残されるのではないかという憂慮の声も出ている」と指摘し、「被害者の帰国、拉致問題の全面解決を実現するには、政府の粘り強い努力と知恵、それを後押しする国民の関心と支持が必要だ。どうか拉致問題が風化しないよう、解決の日まで声援し続けていただくよう国民の皆さまにお願い申し上げたい」と問題解決への支援などを求めた。

(2007/ 5/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。