PHOTOニュース

満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)


一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)

>>過去記事一覧
夢の森公園が竣工式

 東京電力が柏崎刈羽原発完成記念事業として市内軽井川・堀の柏崎学園ゾーンに建設し、市に今月寄贈された「柏崎・夢の森公園」の竣(しゅん)工式が30日、現地で行われた。東電が主催し、勝俣恒久・同社社長や会田市長、地元関係者、施工業者ら約60人が参列した。公園は6月2日に開園を迎える。

 式では、神事に続いて勝俣社長があいさつし、地域の協力に感謝を表明するとともに「この公園が多くの方々に愛され、楽しんでもらえることを祈念する」とした。会田市長は「市民との協働を一層推し進め、市民と一体になった公園を育てていくことを誓う」と述べた。

 夢の森公園は2004年に着工。里山の復元をうたい、池、森、植物園などを整備し、エコハウス夢の森環境学校とパートナーズハウス里山工房の2つの建物を設置した。

(2007/ 5/30)