PHOTOニュース

3回延期を経て開催された「新成人フェスティバル2021」。マスクの 下には喜びの笑顔であふれた=25日午後、アルフォーレ大ホール (2022/09/26)


市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)


市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)

>>過去記事一覧
クリーンセンターで被災煙突の解体始まる

 市は5日から、中越沖地震で被災した市内橋場のごみ処理施設・クリーンセンターかしわざきの煙突の本格的な解体工事に入った。この作業と並行しながら、10月からは仮設の煙突設置工事に着手。処理施設の修繕も併せて行い、試運転などを経て、11月中旬から同センターでの焼却再開を目指す。

 煙突は高さ約59メートル。今回の地震で、2本の煙突を囲う鉄筋コンクリート製の外筒が地上20メートル付近で破断した。倒壊防止のため、7月下旬から約1週間をかけて、2本の煙突と外筒との間にコンクリートの打設を行い、これまで安定させてきた。

 解体工事に向け、8月下旬から高さ約80メートルの200トンクレーン、外壁を組み立て、準備を進めた。被災した煙突の解体工事はまず厚労省の法令に基づき、煙突内部の洗浄を実施して、付着物の除去作業を行った後、外筒から出ている煙突部分(約7メートル)を切断。続いて、外筒の鉄筋コンクリートを圧縮する作業を続け、コンクリート打設された地上20メートルの地点から下は輪切りにし、解体する。

(2007/ 9/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。