PHOTOニュース

五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)


かれんな花と爽やかな緑で楽しませた「山野草展」=21日、中央地区コミセン (2022/05/23)

>>過去記事一覧
復興支援シールが売れ行き好調

 若手経営者グループなどで組織する「まだまだっ!柏崎プロジェクト会議」(矢島博生会長)の震災復興支援シールの売れ行きが好調だ。当初50万枚を製作したが、発売を開始した5日から約1週間で完売し、このほど200万枚を追加発注した。

 シールには被災地用と支援者用の2種類あり、当初、被災地用を40万枚、支援者用を10万枚の合計50万枚を用意した。プロジェクト会議のメンバー事業所や、事務局体制を組んで支援している柏崎商工会議所の会員事業所が購入に協力。当初の見込みを上回る売れ行きを示している。追加分は被災者用と支援者用それぞれ100万枚を発注した。

 シールは50枚(5シート)100円(送料別)から。柏崎信金本支店からは料金振込手数料がかからない。問い合わせと注文はプロジェクト会議事務局の柏崎商工会議所(電話22―3161)へ。

(2007/ 9/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。