PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
企画展「産婆さんの足あと」再開

 市内東本町1、柏崎ふるさと人物館でこのほど、企画展「産婆さんの足あと―お産をとりまく人々の暮らし―」が再開した。中越沖地震で休館となったため、中断していたもので、会期は30日まで。

 同展は、当初企画展示室で開催されたが、室内が地震で被災したため、展示物をロビーに移動した。柏崎の産婆教育の中心を担った私立柏崎産婆学校(通称宮川産婆学校)の歩みとともに、昭和期の家庭での出産に欠かせなかった産婆さんの道具を紹介。産婆学校が被災で解体されるという状況の中で、貴重な展示となった。

 展示と併せ、現存する人たちの“生の声”が会場に流れ、赤ちゃんが生まれた瞬間に立ち会う産婆の職の重さ、喜びを伝えた。産育習俗などで当時の暮らしぶりも再現した。

(2007/ 9/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。