PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
半田保育園仮設園舎の引き渡し式

 中越沖地震で現園舎が大きな被害を受けた市内希望が丘、半田保育園(矢部真知子園長、園児数150人)の仮設園舎の引き渡し式が18日行われた。仮設園舎は、現園舎の大規模改修中、市内の仮設住宅を手がけた業者の一つ、コマツが無償貸与する。園児たちが元気な歌声で感謝の気持ちを表した。

 仮設園舎は現園舎隣接の半田団地児童遊園内に建てられた。保育室、乳児室などを合わせ、広さ延べ約540平方メートル。同社は園児らがけがをしないように、机の脇にスポンジを張るなど細かな配慮を行った。  式では、コマツハウスの菊池潤・CS推進室長が「復旧工事は苦労されると思うが、精いっぱい支援していきたい」とあいさつ。若山副市長が「園児のために素晴らしい配慮をしていただいた」と礼を述べ、「友だちと仲良く生活をしてほしい」と園児たちに呼び掛けた。

 園児たちが元気いっぱいに歌を披露し、感謝の気持ちを表した。また、同社から建設機械のミニチュアカーも贈られ、みんな大喜び。お礼に園児から手作りの小物入れなどが贈られ、同社関係者も思わず笑顔がこぼれた。

(2007/ 9/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。