PHOTOニュース

3回延期を経て開催された「新成人フェスティバル2021」。マスクの 下には喜びの笑顔であふれた=25日午後、アルフォーレ大ホール (2022/09/26)


市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)


市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)

>>過去記事一覧
市が被災者に公営住宅空き室提供

 中越沖地震の被災者を対象に、市は市内にある公営住宅の空き室30戸を無償で貸すことになり、10月1日から17日まで申し込みを受け付ける。

 対象となるのは、家屋被害調査で「半壊」以上と判定された人。空き室は県営住宅が半田、北園町、緑ケ丘、松波町の4カ所19戸、市営が北園町、松波町、高柳町の3カ所11戸の合計30戸。希望が多い場合は部屋ごとに抽選。無償入居期間は原則6カ月で、最長2年まで延長が可能。その後も入居を希望する場合は、通常の申し込み手続きを行い、家賃を支払う。家賃は所得などによって異なり、月1万2000円から6万1000円。  詳しくは市建築住宅課(電話21―2290)へ。

(2007/ 9/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。