PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
軽井川南遺跡群の発掘成果を一冊に

 市教育委員会はこのほど、柏崎の遺跡シリーズの第一集「よみがえった古代の製鉄―柏崎市軽井川南遺跡群―」の冊子を刊行した。南遺跡群は、新産業団地・柏崎フロンティアパーク造成事業に伴って発掘調査を行ったもので、冊子ではこれまでに明らかになった概要をまとめた。

 南遺跡群は、大小35の遺跡の総称。このうち、22遺跡が奈良・平安時代から鎌倉時代の鉄生産に関する遺跡。発掘調査は2003年から06年まで4年間にわたって行われた。製錬、鋳造まで鉄と鉄生産にかかわるすべての工程が確認でき、古代製鉄コンビナート≠ニされた。

 冊子は鉄づくりの背景、古代の鉄づくり、代表的な遺跡など5章に分かれる。合計で114基が発見された木炭窯をはじめ、製鉄炉、廃さい場、鋳造、鍛造などを写真入りで分かりやすく説明した。また、長方形箱型炉、ふいご座などが発見された千刈Cなど5つの遺跡を取り上げた。

 表紙の写真は谷地D遺跡。9基の木炭窯が斜面に沿って整然と並び、壮観な光景だ。A4判12ページ。製作は1万部。4年生以上の小・中学生に配ったほか、希望者に無料で配布。市役所ロビー、ソフィアセンターなどで取り扱い。

(2008/ 7/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。