PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
市消防署が水難救助訓練

 本格的な海のシーズンを前に、市消防署は8日、市内中央海岸で「釣り船同士の衝突転覆事故」を想定した水難救助訓練を実施した。

 訓練は雨の中、須田正明署長をはじめ職員44人と車両9台、レスキュー艇が出動。通報を受けた消防隊が現場に駆けつけ、堤防から救命索銃を発射してロープで負傷者2人を海岸に引き寄せたほか、行方不明者に見立てた人形2体を捜索し、ダイバーが救助した。

予定していた県防災ヘリコプターは天候不順のため不参加だった。

 講評で須田署長は「航空隊との連携ができなかったのは残念だが、各隊がきびきびとした連係プレーで非常に良好だった。昨年は地震の影響で海水浴客が減り、水難事故も少なかった。今年は大勢の海水浴客が見込まれるので、万一事故発生の時は一刻も早く救助する気構えで頑張ってほしい」と述べた。

(2008/ 7/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。