PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
中越沖地震の航空写真展12日から

 新潟市の航空写真家・神林純夫さん(70)が中越沖地震の被災地、柏崎市・刈羽村の上空から撮影した航空写真展「あの日 空が見ていた中越沖地震」が12日から、ソフィアセンターで開かれる。主催は中越沖地震航空写真展実行委員会(岩下尊弘委員長)。

 神林さんは民間の航空会社で長く航空写真を撮影しており、退職後は自費で上空から撮影活動を続けている。現在はアート空撮事務所代表を務める。展示は中越沖地震後の昨年7月19日に撮影した作品が中心。被災した街並み、道路、山崩れ、海岸線など。神林さんは今年5月ごろまで撮影を行っており、ポスターサイズ、A3判サイズなど合わせて約120点を展示する。

 併せて、被災前の海岸線のほか、四季の米山の風景なども予定。会期は16日までで、時間は午前10時から午後6時まで。

(2008/ 7/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。