PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
夏の交通事故防止運動で園児が呼び掛け

 「夏の道 いつもこころに ゆずり愛」をスローガンに、夏の交通事故防止運動が22日から県内で始まった。期間は31日までの10日間。運動の重点は(1)飲酒・居眠り・無謀運転の追放(2)後部座席を含むシートベルトの着用――の2点だ。

 この運動は、夏を迎えた開放感から来る飲酒運転や無謀運転、家族旅行など長距離運転による疲労が原因の交通事故の防止を目指す。

 初日午前、刈羽村刈羽の国道116号で柏崎署、交通安全協会刈羽地区が交通指導所を設け、全席シートベルトを呼びかけた。また午後からは市内両田尻の国道252号で安協女性部と茨目さくら保育園の年長児6人が「暑いから運転に気をつけて」と交通安全レターを配り、ドライバーはほほ笑みながら「ご苦労さま」と受け取っていた。

(2008/ 7/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。