PHOTOニュース

一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)


花角知事と面会し、三つの検証の見直しなどを求めた桜井市長(右)=14日午後、県庁 (2018/06/15)

>>過去記事一覧
市長「原発起動試験前に地元了解必要」

 会田市長は7日、年頭の記者会見を行い、中越沖地震で被災して全号機停止が続く東京電力柏崎刈羽原発について、起動試験前に地元の了解が必要との考えを初めて表明した。安全協定に基づく運転再開への了解とは別だとし、2段階で判断していく方針を示した。今後、県・刈羽村と協議する。

 起動試験は、設備の系統機能試験の後、原子炉を起動して行う試験運転。点検・復旧が最も進む7号機ではすでに、復旧作業中のタービンの関連を除いて系統機能試験が終わっている。会見で会田市長は「起動試験は運転再開でなく安全確認の一環と受け止めているが、起動させるとなると、これまでの調査・点検とは質的に違う」とし、「総合的に整理・確認してもらい、それを何らかの形で地元が理解して了解することが必要で、何もなしに次のステップに行くことはあり得ない」と述べた。この判断の時点で国などの見解を聴くとした。

(2009/ 1/ 7)