PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
新成人フェスは今年も5月

 12日は「成人の日」。市内ではこの日に新成人を祝う行事は実施されておらず、今年も大型連休中の5月3日、市総合体育館で「新成人フェスティバル2009」として行う。開催に向けて市では、思い出に残るフェスティバルづくりのため、新成人による運営委員を募集中だ。

 柏崎市の新成人を祝う行事は1949年、柏崎小西運動場で初めて行われた。その後、産業会館、市民会館大ホールを経て、98年から総合体育館。今年の対象は1988年4月2日から89年4月1日生まれ。式典(希望制)、アトラクション、記念撮影などを予定する。

 担当の市生涯学習・体育課では、4月1日付で市内に住民票がある新成人に案内状を郵送する。就職や進学などで市内を離れている市外在住者は3月下旬から電話、窓口で受け付ける。

 一方、募集の運営委員は今年のフェスティバル対象者で、20人から25人程度。当日の式典の運営を担当してもらう。申し込みは2月27日までに、住所・氏名・電話番号を電話、封書、はがき、ファクス、電子メールで生涯学習・体育課(〒945-0051、市内東本町1-3-24、市民プラザ内、電話20-7500、ファクス22-2637、メールアドレスs-plaza@city.kashiwazaki.niigata.jp)へ。

(2009/ 1/ 7)