PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
市民スキースクールがスタート

 今シーズン初めての市民スキースクール(市教委主催)が17日、高柳ガルルのスキー場で行われ、小学1年生から一般までの26人が参加し、熱心に指導を受けた。

 同スキー場は雪不足で、この日がケレンデのオープン初日。積雪は約40センチ。参加者はそれぞれの経験、技術により初心者から上級までのグループに分かれ、米峰スキー連盟の公認指導員4人から教わった。

 開講式で同連盟の植木孝義さんが「今日1日楽しいスキーができるように。指導者の話をきちんと聞けば、間違いなくうまくなる」とあいさつ。参加者は雪の感触を確かめながら、初滑りを楽しんだ。

 スキースクールは2月7日までの全4回予定されている。

(2009/ 1/17)