PHOTOニュース

雪の重みで幹が折れた「田塚山の大ガシ」。左側の木は同じ根から生えたウラジロガシ=17日、市内藤井 (2018/01/18)


次々と誕生しているサケの赤ちゃん (2018/01/17)


小学生以上の35人が参加した市民スキースクール=13日、ガルルのスキー場 (2018/01/16)

>>過去記事一覧
雪割草ガイドを30日まで募集

 市内西山町の大崎雪割草保存会(光村利寛会長)は、雪割草の里を案内するガイドを30日まで募集している。

 ガイド育成は2007年度に市、旧市町の観光協会、県が観光交流人口の拡大を目指し、初めて取り組んだ。現在、11人が活動中。研修会では基礎知識から実習までを学ぶ。3月から4月上旬まで花期の土・日曜、祝日を中心に交代で来場者の案内をする。

 募集は10人。研修会の日程は後日連絡。年齢、性別、経験不問。遊歩道を歩くため健康な人。詳しくは市西山町観光協会(電話47-2081)へ。

(2009/ 1/17)