PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
原発7号機のタービン復旧作業を公開

 東京電力は16日、中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発で、点検・復旧が最も進んでいる7号機のタービン復旧作業を報道陣に公開した。

 公開されたのは、低圧タービンの車室と呼ばれるステンレス製カバー(重さ約10トン)を戻す作業。天井クレーンでカバーをつり上げ、作業員が慎重に取り付けた。

 7号機タービンは、地震後の点検で損傷が見つかった羽根を交換するなどの復旧を進めてきているが、昨年11月に現場で火災が発生し、工程が遅れた。復旧完了は2月上旬の見通し。7号機では設備の系統機能試験23項目のうち、タービン関連を除く20項目が終了しており、原子炉を動かす起動試験に向けて、タービンの復旧待ちだ。

(2009/ 1/17)