PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
原発7号機のタービン復旧作業を公開

 東京電力は16日、中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発で、点検・復旧が最も進んでいる7号機のタービン復旧作業を報道陣に公開した。

 公開されたのは、低圧タービンの車室と呼ばれるステンレス製カバー(重さ約10トン)を戻す作業。天井クレーンでカバーをつり上げ、作業員が慎重に取り付けた。

 7号機タービンは、地震後の点検で損傷が見つかった羽根を交換するなどの復旧を進めてきているが、昨年11月に現場で火災が発生し、工程が遅れた。復旧完了は2月上旬の見通し。7号機では設備の系統機能試験23項目のうち、タービン関連を除く20項目が終了しており、原子炉を動かす起動試験に向けて、タービンの復旧待ちだ。

(2009/ 1/17)