PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
青少年育成集会、子どもの携帯電話に警鐘

 青少年健全育成大集会(市青少年健全育成市民会議など主催)が17日、市民プラザで開かれ、約500人が集まった。講師の下田博次・群馬大特任教授が携帯電話からのインターネットが子どもたちに与える危険性を訴え、ペアレント・コントロール(親・教師が子どものネット利用を管理・指導する営み・能力)の重要性を提案した。この日は、青少年の健全育成を目指し、集会宣言を決議した。

 冒頭、主催団体を代表し、山崎高美・同市民会議会長が「『子どもとメディア』をテーマにした集会は今年で5年目。今回は国を挙げて問題になっているインターネット・携帯電話の利用方法を大いに学びたい。子どもを健全な大人に育てることは大人、親の責任であり、理解と実践が大変重要だ」と呼びかけた。 

(2009/ 1/19)