PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
演劇フェスで熱演の舞台

 柏崎演劇フェスティバル(市産業文化会館、市観光レクリエーション振興公社主催)が18日、産文文化ホールで開幕した。初日は市内の劇団THE風・FOU(フー、猪俣哲夫座長)が熱演の舞台で観客を楽しませた。

 フェスティバルは今年で15回目。中越沖地震からの復興祈願を託す。FOUは新進気鋭の劇作家・本谷有希子さんの「遭難、」を上演。職員室を舞台に、教師、保護者のそれぞれの人間像を浮かび上がらせた。テンポのいいせりふ回し、動きのある舞台でトラウマ、モンスターペアレントなど現代に潜むきわどいテーマを、笑いを盛り込みながら演じきった。

(2009/ 1/19)