PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
刈羽トンネルが2月2日から夜間通行止め

 中越沖地震の復旧工事のため、刈羽村刈羽の国道352号「刈羽トンネル」(長さ550メートル)が2月2日から夜間全面通行止めとなる。時間は午後10時から午前6時まで。期間は同月20日朝までの予定。

 刈羽トンネルの被害のうち、擁壁が内側に傾いた柏崎市街地側出入り口脇の斜面復旧、大湊側シェード部分の上部を補強する工事は終了。トンネル内に入った小さな亀裂はこれまで、片側交互通行にして炭素繊維を張る復旧作業を進めてきた。

 中央部分の20メートル区間と大湊寄り5メートル区間はパネルの内張りをするなど比較的大きな工事となるため、夜間全面通行止めにして工事を進める。その後の照明や通信ケーブルなどの工事は片側交互通行で行う予定だ。全体の復旧終了は3月末。う回路は県道刈羽停車場線、国道116号、県道柏崎高浜堀之内線。

(2009/ 1/20)