PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
芸協が新市民会館建設へ寄付

 柏崎芸術協会(曽田信英委員長)が新市民会館の建設に役立ててほしいと、29日、市役所を訪れ、会員からの募金15万円を市に寄付した。会田市長は「皆さんの気持ちをくんで、立派な新市民会館が1日も早くできるように努力したい」と感謝した。

 柏崎芸協は旧市民会館を活動の拠点にしてきており、同会館が中越沖地震で被災したことで大きな打撃を受けた。また、地震前は約2000人だった会員が、家屋の被害などで脱会し、今では約900人にまで落ち込んだ。募金は新市民会館で早く例会を実施したいという思いを込め、昨年11月から3回の例会で会員に協力を呼びかけた。

 曽田委員長は「天の災いとはいえ、旧市民会館の使用不能は大きな痛手だ。新市民会館ができるまで、創意工夫をし、例会活動を重ねることが課題。会員数を増やし、活動の灯をともし続けたい」といい、「建設を加速してもらえることはうれしい限り。1つの励みになる」と述べた。

(2009/ 1/30)