PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
インフルエンザ、柏崎も警戒必要

 県福祉保健部の感染症情報(19日―25日)によると、県内はインフルエンザの流行期に入り、柏崎を含む8カ所の保健所管内で警戒が必要とされる。

 同部の調査では、インフルエンザの定点当たり報告数が全県で43.41となり、国の警報基準30を超えた。柏崎は46.20。最も高かったのは長岡の69.23で、次いで十日町の55.00、新潟市の50.00など。予防を目指し、人込みに出ない、十分な栄養と休養をとる、外出時はマスクをする――などを呼び掛けている。

(2009/ 1/30)