PHOTOニュース

砂丘地で育ったシャインマスカットを収穫するスタッフ=刈羽村ぴあパークとうりんぼ (2021/09/17)


佐渡が見渡せる絶好のロケーションの「佐渡見平コスモス畑」=15日、市内笠島 (2021/09/16)


10月4日の一方通行解除を知らせる市職員ら=市内四谷3 (2021/09/15)

>>過去記事一覧
西中通で菜の花事業

 西中通コミュニティセンター運営協議会(高杉志朗会長)が鯖石川にかかる平成大橋付近の堤防に種をまいた菜の花が最盛期を迎えた。付近には橋場減反組合(河合則雄代表)の菜の花畑があり、一緒になって黄色い景観を形作っている。

 この事業を行ったのは同コミセン内に発足した「美しい鯖石川をつくる会」。鯖石川のクリーン作戦などを実施する一方、昨年10月から菜の花事業に着手した。菜の花が咲いているのは、開運橋までの約800メートルの鯖石川左岸。種や肥料の提供など橋場減反組合が支援した。

(2009/ 4/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。