PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
矢田営農組合に農産物加工場が完成

 農事組合法人・矢田営農組合(石黒芳和代表理事)に農産物加工場が完成し、10日に施設のお披露目会が行われた。

 矢田営農組合は2007年1月の設立。コシヒカリや酒米などの水稲を中心に、枝豆、カリフラワー、ブロッコリー、マコモタケ、オータムポエム、スイートコーンなどの園芸品目にも積極的に取り組み、年間を通じて育苗ハウスもフル活用。08年には中越沖地震の復興基金を活用してライスセンターを整備。エコファーマーの認定、水田環境鑑定士の資格も取得している。

 加工施設は中越地震の復興基金と自己資金による整備。鉄骨平屋建て46平方メートル。マコモタケや古代米などを使った三角ちまきを手始めに、生産した野菜、マコモタケの漬物、菓子などを幅広く手がけていきたいとする。

(2010/12/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。