PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
知事会見「若い世代が希望持てる県政を」

 泉田知事は4日、県内ローカル紙などとの新春記者会見を行い、「今年は将来を見通せる年にしたい」と年頭の所感を述べた。「今の日本は大きな力を持っているのに国民にその自覚がない」と成長潜在能力の過小評価を指摘したほか、「新潟県は食糧生産能力や工業技術力、エネルギーの生産力に優れ、地理的な優位性も持っている」として、若い世代が希望を持てる県政を行う意欲を示した。

 また柏崎地域については、柏崎地域観光復興推進協議会が新名物にと内外に積極的にPRしている「鯛茶漬け」を高く評価した。「甘いうまみがあり、たいへんおいしい」と、食べた体験談を披露。8日から東京ドームで行われる全国どんぶり選手権にも激励と応援に駆けつけられるかどうか日程を調整中であることを明らかにした。

(2011/ 1/ 5)