PHOTOニュース

市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)


記念誌の発刊を喜び、お祝いの会を開いた「柏崎日記」を読む会会員=17日、シーユース雷音 (2017/11/18)

>>過去記事一覧
原子力広報センター検討委が報告

 市内荒浜1の柏崎原子力広報センターの在り方などを協議してきた検討委員会の報告書がこのほど県に提出された。今年度末で5年間の指定管理者の期間が更新期を迎えるが、これまで通り、県と市、刈羽村、出雲崎町の出資で設立している財団法人・柏崎原子力広報センターを指定管理者として運営することが望ましいと結論付けた。「中立・公正・公平」を基本スタンスに、県市町村が一体となって活動してほしいというもので、自治体の前向きな支援、事業実施状況のチェック機能を求めたほか、指定管理期間はやはり5年間が適当とした。

(2011/ 1/ 6)