PHOTOニュース

一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)


花角知事と面会し、三つの検証の見直しなどを求めた桜井市長(右)=14日午後、県庁 (2018/06/15)

>>過去記事一覧
愛菜館、初売りでもちつき

 市内田中、柏崎農協の農産物直売所「JA柏崎 愛菜館」は6日が新春初売り。甘酒やつきたてのもちをサービスして新しい年の門出を祝った。

 正月明けで地元産野菜の品ぞろえが心配されたが、多くの生産者が収穫したばかりの新鮮な野菜を持ち込み、今が旬のオータムポエムをはじめ、柏崎産のダイコン、ハクサイ、サトイモ、カリフラワー、シイタケなどが豊富に並んだ。

 店内では生産者でつくる利用組合(巻口新一組合長)の女性が手づくりの甘酒をサービス。昼前にはもちつきを行い、小林専吉・統括マネージャーや巻口組合長、買い物に訪れた子どもたちがきねをふるった。

(2011/ 1/ 6)