PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
原発7号機の使用済み制御棒28本でひび

 東京電力柏崎刈羽原発7号機の「ハフニウムフラットチューブ型」と呼ばれる使用済み制御棒でひびが見つかった問題で、東電は7日、7号機の同型使用済み制御棒46本のうち28本で軸部のひびが確認されたと発表した。安全上の問題はないと評価している。

 これで、7号機と5号機を合わせて50本の使用済み制御棒の全点検が終わり、5号機ではひびはなかった。4号機にも同型のものは4本あるが、まだ点検していない。7号機では、ひびがあった28本中21本と、ほかに15本の合わせて36本は、従来から発生が知られているハンドル部などのひびも併せて確認した。

(2011/ 1/ 8)