PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
原発7号機の使用済み制御棒28本でひび

 東京電力柏崎刈羽原発7号機の「ハフニウムフラットチューブ型」と呼ばれる使用済み制御棒でひびが見つかった問題で、東電は7日、7号機の同型使用済み制御棒46本のうち28本で軸部のひびが確認されたと発表した。安全上の問題はないと評価している。

 これで、7号機と5号機を合わせて50本の使用済み制御棒の全点検が終わり、5号機ではひびはなかった。4号機にも同型のものは4本あるが、まだ点検していない。7号機では、ひびがあった28本中21本と、ほかに15本の合わせて36本は、従来から発生が知られているハンドル部などのひびも併せて確認した。

(2011/ 1/ 8)