PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
昨年の管内交通事故が大幅減、死者は増

 柏崎署がまとめた2010年の管内交通事故の発生状況によると、人身事故の件数が大幅に減り、27年ぶりに300件を下回った。負傷者数も同様に減少したが、死者数は逆に増加し、県警30署の中でワースト3だった。

 管内の人身事故は前年より64件少ない268件で、負傷者も63人減の326人。死者数は2人増の8人で、上越署の12人、長岡署の11人に次いで多い。発生件数、負傷者数が過去最多だったのは2000年の545件、661人。ピークから見れば、半数以下に減っている。

(2011/ 1/11)