PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
西山町田沢で太子講135年の伝統守る

 市内西山町田沢(外山忠町内会長、55世帯)で12日、今年で135年目となる伝統の太子講が集会所で行われた。

 太子講は、寺院建築史上大きな存在だった聖徳太子をまつる講。田沢では1876年に太子像を表装・裏書きしてから始まり、当初は2月の実施を1922年から1月12日に変えて行ってきた。昭和に入り、集落全戸が集う場として途切れず続いている。

 講では、近くの祐光寺の風巻和人住職の読経に合わせて約40人が唱和し、太子の徳をしのんだ。

(2011/ 1/13)