PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
西山町田沢で太子講135年の伝統守る

 市内西山町田沢(外山忠町内会長、55世帯)で12日、今年で135年目となる伝統の太子講が集会所で行われた。

 太子講は、寺院建築史上大きな存在だった聖徳太子をまつる講。田沢では1876年に太子像を表装・裏書きしてから始まり、当初は2月の実施を1922年から1月12日に変えて行ってきた。昭和に入り、集落全戸が集う場として途切れず続いている。

 講では、近くの祐光寺の風巻和人住職の読経に合わせて約40人が唱和し、太子の徳をしのんだ。

(2011/ 1/13)