PHOTOニュース

小学生以上の35人が参加した市民スキースクール=13日、ガルルのスキー場 (2018/01/16)


炭の上で燃やしたツキガシラで今年の天候を占った「炭置き」神事=14日夜、市内北条・山本の熱田社 (2018/01/15)


1時間目の「地理歴史」「公民」の2科目選択の受験生に、袋詰めされた問題冊子を配る試験官=13日午前9時過ぎ、新潟工科大 (2018/01/13)

>>過去記事一覧
さあ本番、センター試験

 大学入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が15日、全国一斉に始まった。柏崎地区の会場となった市内軽井川の新潟産大では昨年度より19人少ない454人が出願。雪による大きな影響はなく、初日1時間目の公民は289人が受験した。

 センター試験を利用する大学・短大は18校増えて過去最多の829校。全国の志願者数は55万8984人で5616人増えた。県内では14会場で昨年より91人少ない1万498人が出願した。

 前日までの降雪で産大では市や県などに道路の除雪、交通確保を要請。インフルエンザ対策として手指消毒剤を入り口やトイレに置き、マスクも備えた。受験生は家族の車や路線バスなどで午前8時前から次々と到着した。中には市内のホテルに泊まった上越地区の生徒もいた。

(2011/ 1/15)