PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
中通で子どもたちも一緒に「米玉飾り」

 市内中通コミュニティ振興協議会(倉部米治会長)で13日、地域に伝わる「米(まい)玉飾り」づくりが行われた。保育園児や小学生が地域の人と一緒に縁起物を作り、ミズキの枝を紅白のもちの花で飾った。

 小正月行事の一つ、「まゆ玉飾り」は五穀豊じょうを祈ることで知られるが、同地区は米が多くとれたことから「米玉飾り」と言われているという。紅白に色づけしたもちを稲穂に付け、約3メートルの枝ぶりのミズキの木に付けた。

 また、もちをそのまま枝に付けて花のように見せたり、宝船、大判・小判なども飾り付けたりした。中通保育園児、中通小3年生も訪れ、一緒に飾り付けの手伝い。「きれい!桜の花みたい」などといい、目を輝かせた。

(2011/ 1/15)