PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
一中などがキャリア教育で文科大臣表彰

 キャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績が認められるとして、一中(大倉政洋校長、生徒数243人)と柏崎青年会議所(JC、歌代朋也理事長、会員数97人 )、市教育委員会の市内3団体がこのほど都内で文部科学大臣表彰を受けた。中学生の特色ある起業学習、それを支えたJC、市教委をたたえたもので、本市のキャリア教育の充実に一層の弾みをつけた。

 このうち、一中は勤労観や職業観を高め、郷土への誇りを持った「未来の柏崎を担う子どもたち」を目指し、系統的なキャリア教育に取り組み。1年生では職場見学、2年生は職場体験、3年生は起業学習へと進めた。JC、学校支援地域本部事業で組織した「さわやかボランティア」会員をはじめとした地域の人たちとの連携で幅広く活動を行っている。

(2011/ 1/21)