PHOTOニュース

三角だるまに絵付けをする参加者。表情豊かな縁起物が出来上がった=22日、西山ふるさと館 (2022/01/24)


市地域農業再生協議会の水田農業推進部会の会合。2022年産米の生産数量目標を決めた=柏崎農協会議室 (2022/01/22)


在日米国大使館のブヨン・リー1等書記官(右)と蓮池薫さん(左手前)、桜井市長による会談=20日午後、市役所市長応接室 (2022/01/21)

>>過去記事一覧
柏崎市の「貸鍬用具」が国の登録有形民俗文化財に

 国の文化審議会(西原鈴子会長)が21日、柏崎市が所有し、市立博物館で保管する「越後の貸鍬(かしぐわ)用具」を登録有形民俗文化財とするよう高木義明文科相に答申した。貸鍬は本県独特の農業社会慣行。上・中越地域の農家で江戸時代から昭和30年代まで盛んだった。答申後に予定される官報告示で、正式な国登録有形文化財となる。市内では建造物3件が登録有形文化財の指定を受けているが、民俗関係は初めて。県内でも初めてとなる。博物館では2月のミニ展示で、館内所蔵の貸鍬資料を公開する。

(2011/ 1/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。